講師・お客様の声|社員教育や人材育成ならTEIの研修・セミナー

講師・お客様の声

受講者の声

コミュニケーション研修(受講者40名)
相手のタイプに合わせて、関わり方を変えるコミュニケーション手法の奥深さを感じた研修であった。相手に伝わる話をするには、『感情』と『論理』のバランスの大切さを学べたことは、とても有意義な研修であった。

受講者の声

プレゼンテーション技法向上研修(受講者60名)
プレゼンテーションの基本的知識・技法・構成を学ぶだけの研修だと考えていたが、良い意味で期待を裏切られた。実践も多くプレゼンテーションを体系的に学び、多面的に自身の課題が認識でき、最終的には部・課内で『講師役』としても活用できる内容には、大変満足しています。今後も、色々な研修で御世話になりたいと思いました。

受講者の声

接遇・マナー研修(受講者20名)
グループワーク/演習の時間が非常に充実していて、楽しくビジネスマナーを学ぶことができて良かった。逆に、もう少しグループワークの時間が欲しいくらいでした。社会人として欠けている点が自覚でき、とても有意義な研修でした。

受講者の声

管理者研修(受講者数40名)
テキストに無い事例や解説が⼤変興味深い内容でした。特にパワーハラスメントについては、参考になる事例も多く、⾃分⾃⾝も当事者にならないよう考える良い機会だったと思います。また、労働時間の事例も⼤変興味深い内容で有ったと同時に恐ろしい実態も解説して頂きました。単純に労働時間だけの問題では無く、パワハラやその他の要因が重なっていたことなど闇の深さを理解することが出来ました。

受講者の声

管理職研修(受講者数40名)
マネジメントとリーダーシップの違い・問題解決の手順・チームワークの重要性・コミュニケーション等の様々な内容の講義において、その重要性を感じた。到達目標を明確にして、その進捗管理を設定する。また、作用工程・分担を明確化するなどの管理が大切であると感じた。また、問題解決では基本の手順が重要であり、省略・順序違いは解決できなくなり、その重要性も理解できた。

受講者の声

クリティカルシンキング(受講者数30名)
ロジカルシンキングとは違う新しい考え方で、論理的でなくても、自分と異なる考え方でも、受け入れる心構えができた。色々な物の見方があることが分かり、今後の仕事に活かせる気がした。普段行ったことのない考え方だったので新鮮だった。業務上の漏れを確認するのに役立つと思うので実践したい。

受講者の声

ファシリテーション研修(受講者数30名)
グループ毎にワークをすると考え方や物事の捉え方に違いがあって、他者との連携の重要性も分かった。対外調整、会議の進行方法など、実践的な内容が多く参考になった。

ご担当者様の声

管理職研修(受講者数35名)
評価が辛くなりがちな管理者層の研修において、有意義度の高い研修であったと評価しています。今後とも、宜しくお願い申し上げます。

講師所感

マネジメント研修(受講者数10名)
今までの常識や延長線上で判断しようとする傾向があり、思考がワンパターンになることが多々見受けられました。ビジネスシーンにおいては、正解が1つしかないというクイズ式問題は少なく、いろいろな「解」の可能性を自ら考える心構えが大切です。唯一の「解」を探すことにこだわりすぎるあまりに、周りの多様性のある意見やアイデアを排除してしまうことがないように注意が必要です。また、常識の壁に囲まれて、そこから抜け出せなくなって、発想がどんどん狭くなっていることに気づく事も重要です。

講師所感

問題把握・課題解決研修(受講者数40名)
過去の成功体験に頼りすぎることで思考がワンパターン化し、視野がどんどん狭くなり、間違った方向に進んでいることに気づくことが遅れることは問題です。多くの時間やコストを無駄にしてしまうことのないように、今一度、「基点」は何か?を、考えることが重要です。 今後に於いては、問題解決力を高める前提となる「論点設定力」を高めることが重要と考えます。職場内に於ける数ある問題群の中から真の問題を選び取ることで、考えることが絞られ、問題解決のスピードが上がり、解決策を実行した時の効果は格段に上がると考えます。

研修のお問い合わせ・資料請求や無料オープンセミナーのお申し込みはこちら

お気軽にお電話ください! Tel.03-5765-4816 【受付時間】月-金9:00~17:30

お問い合わせ・資料請求 セミナー申し込みフォーム
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>